父親と分かり合えないのは凄く寂しいです。

私の父は職人で頑固で融通が聞かない人でした。私が5歳の時から母親が具合が悪かったので男一人で育てられました。父に気持ちの相談をすると「そんな事位で相談するんじゃない!」と叱られていつも心が寂しかったです。ただただ我慢をさせられて家の事も小さな頃からしていて学校に通うようになってからはとてもストレスがたまるようになりました。気持ちを話しても聞いてもらえないのは小さい私には重荷でした。家の事をしてもそれが当たり前で何一つ誉められた事はありませんでした。学校で成績が良くても運動が出来ても父は仕事の事しか考えていませんでした。小さい頃の私は父に振り向いてほしくてたまりませんでした。中学校に入ると同級生同士悩み相談をしていたのですが、私の悩みを相談するとみんなポカーンとしていました。私の友達の中には困っている環境に居る人が居なかったからです。友達にも分かって貰えなくて私は誰に相談をしたらいいんだろうと今でもその嫌な事を思い出す時があります。ミュゼ 0円

父親と分かり合えないのは凄く寂しいです。